ポイント高い視力補正方法は?

日本人は、近視の人が多いと聞きます。
実際私もそうで、眼鏡を愛用しているのですが時々不便を感じる事があります。
その最たるものは、やはり、「湯気などでくもると前が見えなくなる」でしょうね。
ラーメンなど熱い汁ものを食べる時によく起こる現象です。
この場合、いちいち眼鏡を外さなくちゃいけないので、少しだけめんどくささがあります。
また、冬の寒い日に暖かい家に帰ってきた時にも、気温の違いからレンズに結露がくっつく事もあって、それも軽く嫌です。
しかし、そういう小さな不便さ、デメリットはあるものの、コンタクトレンズやレーシックなど、他の視力補正方法よりもお手軽に利用できるのは大きなメリットですよね。
私も、一応前にコンタクトを使っていた事があったのですが、消毒や眼科通いがすごくめんどくさかった覚えがあります。
それに比べると、眼鏡は時々曇る以外は、特に不便がないのがいいですよね。
一番はレーシックを受ける事なんでしょうが、保険がきかないので費用がすごくかかるのがネックです。
やはり、視力補正方法としては、眼鏡が一番総合ポイントが高いと思いますよ。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加