レーシックという選択肢

私がレーシックをやってみたいと思うときは、やはり身近な人がレーシックの施術をしたと聞いたときです。
とても身近に感じて、もうそんなに手ごろに出来るの?と思ってしまいます。
昔、メガネしかなかった時代にコンタクトレンズをつける人が出てきて、いまでは当たり前になっていますが、そんな感じで数年後には当たり前になるのではないでしょうか。
料金も低料金になってくればなおさら普及するでしょうね。
長年コンタクトを付け続けると、角膜が少しずつ痛んでしまうと聞いたことがあります。
そんなデメリットを解消してくれるということで、ゆくゆくはレーシックに踏み切る人も多いかもしれません。
子供がいる身としては、目が良くないと出来ない職業、たとえばパイロットや宇宙飛行士など、に将来子供がなりたいと思った時に夢が叶えられないという悲しい思いをさせなくてすむのでレーシックは素晴らしい選択だと思います。
これからもっと眼科の広告や口コミ、雑誌の特集などで取り上げられれば自然に広まっていくでしょうね。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加