レーシックを知ったきっかけ

私がレーシックというものを初めて知ったのは私がレーシックというものを初めて知ったのは、多分15〜20年前くらいだったと思います。

私は小学生の頃から目が悪く、メガネなしでは何も見えない状態でした。
中学生になり、コンタクトを買ってもらったときは、革命が起こったように嬉しい驚きでいっぱいでした。
ずるずると低い鼻からいつもずり落ちそうになっていた、うっとおしいメガネから解放され、視界も広々、くっきりと人も景色も物も見え、太陽の光も明るい。
天国に来たみたいでした。

そして大人になり、今度はレーシック。
瞳自体にメスを入れ、光の屈折の仕方を変えて、視力を出す方法。
最初、そのことを知ったとき、メスを入れるのはとても怖いと思いましたが、痛みもなく、入院する必要もないとのことで、それで視力が取り戻せるのなら、やってみたいと思いました。

確かにコンタクトを入れるようになって、メガネよりもはっきりと見えるようになり、嬉しかったですが、ちょっとゴミが入ったときのあの苦しみや花粉症によるアレルギーが出たときのレンズのくもりなど、どうしても、裸眼に比べると快適とは言えません。
目の疲れもひどく、それに伴う肩こりや頭痛など、ダメージも大きいです。

もし、裸眼ではっきりとものが見えるようになるのであれば、そんなに嬉しいことはありません。
怖い気持ちはありますが、やっぱりレーシックをしてみたいという気持ちでいっぱい。
これが、私がレーシックを初めて知ったときの感想です。

初めてコンタクト

初めてコンタクトをしたのは高校生の時です。
もう10年以上前のことになります。
それ以来、自宅ではメガネをしていますが、外出時にはコンタクトを使うようにしています。
そんなコンタクトのメリットは、やはりメイクが楽しめたり、明るい顔に見えたりと見た目がいいことです。
私は、女性ですので、外見は特に気になる点ですので、コンタクトが重宝しています。
また、最近ではカラーコンタクトや黒目を大きく見せてくれるコンタクトもありますので、目力のアップにも繋がりうれしいです。
そして、水泳やマラソンなどの運動の時でも支障なく使えるところも助かっています。
逆にデメリットは、費用がかかることでしょうか。
特に使い捨てタイプを使うと費用がかかってしまいます。
また、ドライアイや疲れ目といった目への影響も心配です。
そして、洗浄や保存などのケアも面倒ではあります。
しかし、メリットを考えるとコンタクトは、私にとっては欠かせない存在となっています。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加