レーシックに対する恐怖感

レーシックを躊躇する理由は人それぞれだと思いますが、私の場合は恐怖感です。
二年前に会社の人の奥さんが大阪でレーシック手術を受けました。
私も興味があると言うと、ご主人が「妻の紹介だと言えば30%安くなる」と言ってパンフレットを持って来てくれました。
持って来てもらった手前行かないわけにもいかず、事実興味はあったので実はカウンセリングに行ったのです。
大阪では一番レーシック手術の実績のある信頼できるクリニックでした。
正直に目を開けて手術を受けるのが怖いと言うと、親身になって聞いてくださり、結局やんわりと断られてしまいました。
先生曰く、あまりにも恐怖感が強い人には全身麻酔をすることもあるが、あまりお勧めはできないということです。
恐怖感を克服してから来てくださいというのが本音のようでした。
まだお若いので急ぐこともないでしょうと言われました。
レーシック手術を決意したなら絶対にカウンセリングをしっかりとしてくれるクリニックを選ぶべきだと思います。
作業のように、はい次、はい次、ではなく一人一人の心理状態に合わせたカウンセリングをしてくれるクリニックこそ安心できるのではないでしょうか。
症例数ももちろん大事ですが、もっと大切なのは事前のカウンセリング、そしてアフターサービスです。
最低でも一年間は保障があること、視力が戻らなかった時の保障についてもしっかりと説明をしてくれるクリニックが良いと思います。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加